沿革

当財団は1964年(昭和39年)12月に、「極地研究の助成と研究成果の普及を行い学術文化の向上に寄与すること」を目的とする財団法人として認可され、その直後に試験研究法人に認定されました。財団が発足した1964年は、国家事業として1956年に開始された南極地域観測事業が一時中断されていた時期で、昭和基地は1962年2月から1965年12月まで閉鎖されました。これに先立つ1961年10月、本財団の実質的創設者である地球化学者鳥居鉄也は、ニュージーランドで開催された第5回南極研究科学委員会(SCAR)会合に出席し、その際行われた南極エクスカーションで、ロス海西岸に広がる南極最大の露岩地域ドライバレーを視察しました。この特異な景観に心を打たれた鳥居は、日本人チームによる調査研究を決意し、米国極地局の支援を得て、1963/64年に第1回調査を実施しました。これを機に、南極国際協同研究への支援、南極観測事業再開やその後の研究を支援する団体として、本会が1964年に設立されました。ドライバレー地域の調査は、国際的に高い評価を得た1971/75年の日米ニュージーランドによるドライバレ―掘削計画(DVDP)などを経て、1986/87年まで続けられました。

その後、チリやオーストラリアなどの外国の南極観測隊との協同研究プロジェクトの支援、国内外の国際研究集会への研究助成支援、極地研究成果の普及、極地野外活動のための装備品の開発など、様々な活動を行なってきました。

最近の動きとしては、公益法人制度の改革に伴って2008年12月1日から特殊財団法人となり、新制度による公益財団法人としての要件を満たす準備を始めました。この準備期間中に、砕氷船2代目しらせの竣工(2009年5月20日)、国立極地研究所の東京都立川市への移転(2009年5月28日)、国立極地研究所付属南極・北極科学館の開設(2010年5月28日)という出来事があり、極地研究を発展させる新たな体制が整えられました。さらに、極地を活用した青少年教育を発展させるために国立極地研究所から、①小中高教員を南極観測隊に同行させて行う南極授業テレビ中継事業、②南極・北極科学館の管理運営事業への協力依頼がありました。そこで公益財団法人への移行に際しては、事業内容を従来の極地研究分野への助成だけではなく、極地の自然観測情報等を活用する教育者への助成、研究及び教育成果の普及、ミュージアムショップの運営まで拡大する構想をまとめ、申請を行いました。その結果、2013年3月19日に内閣総理大臣の認定書の交付を受け、同年4月1日に公益財団法人としての新たな活動を開始しました。

昨年、2014年12月に当財団は創立50周年を迎えました。この半世紀にわたる伝統と実績、さらに公益財団法人という新しいシステムを最大限に生かして、南極地域と北極地域で未知への挑戦を続ける研究者たちを支援し、その成果とチャレンジング精神を青少年教育や社会の発展のために役立てようとする様々な取り組みを支援していきます。

 

ページ上部へ戻る